ADHDの女性の特徴 男性よりも更に生きづらさに悩む


失敗に慌てるADHDの女性
ADHDの特徴は、年齢によっても現れる症状が移り変わっていくため、子どものADHDと大人のADHDとでは目立つ特徴が違ってくることもあります。

また、ADHDは、年齢だけでなく性差によっても現れる特徴が変わってくる場合があります。女性のADHDは、男性のADHDとは症状のパターンも違えば、幼少期の様子も違い、生涯を通じての経過も違うようです。

女性のADHDは、学校生活ではなかなか気づかれないことも多いものです。というのも、本人は集中力がなかったり整理整頓ができなくて困っていても、男性のADHDのように周囲に迷惑をかける行為がないため、ADHDの特徴が目立たずに見落とされがちになるためです。

そのために正しい診断をされずに、二次障害を引き起こすケースも多くあります。特に、ADHDの女性には、男性の場合と比べて、うつ病などの気分障害が多いともいわれています。

そこで今回は、ADHDの女性には、どのような特徴が見られるのか、どんな悩みで困っているのかについて取り上げてみました。

スポンサードリンク


ADHDの女性の特徴

女性のADHD(注意欠陥多動性障害、または注意欠如多動性障害)に多く見られる特徴を7つにまとめてみました。


◆ADHDの女性は思春期以降に「不注意」の特徴に悩む


不注意優勢型の女性
【ADHDの基本的特徴】
    ●不注意 ●衝動性 ●多動性

ADHDの基本的特徴のうち、多動性は年齢とともに徐々に目立たなくなっていきます。しかし、不注意と衝動性の特徴は、幼少期から大人になっても続きます。中でもADHDの女性を悩ますのは、不注意の特徴です。


ADHDの女性の不注意の特徴
  • 人の話を最後まで聞けない
  • 机の上が乱雑、部屋は足の踏み場もない
  • あれもこれも、やりかけ
  • ゴミの日にしょっちゅう出し忘れる
  • 伝票の数字を書き写すだけでもミスがいっぱい
  • 約束の時間に遅刻してしまう
  • 自分なりに頑張っているのに「怠け者」「横着」と言われる
  • あす引越しなのに荷造りに集中できない
  • 期限ギリギリまで(過ぎても)支払いをしない
  • しょっちゅう転んだり、ぶつけたり、指を切ったりしている
  • きのうの夕食を思い出せない
  • さっき教えてもらったばかりなのに、すっかり頭から消えている
  • 何度も同じミスをする
  • しょっちゅう茶碗を割ったり、鍋を焦がしたりする
  • 独り言や、ひとりで笑ってることが多い
  • 方向音痴、地図が読めない
  • わけもなく落ち込んだり、急に泣いてしまう
  • セーターを編み始めるとやめられなくなり、徹夜してしまう
(出典:それって大人のADHDかもしれません 星野仁彦著)

スポンサードリンク


幼少期には、家族や周囲の人達がサポートしてくれるので特に問題になることはありません。しかし、思春期以降になると、自分でも努力しているにもかかわらず不注意によるミスが減らないことに劣等感を抱くようになります。

さらに大人になると家族のサポートは受けにくくなり、職場や家庭で「不注意」の特徴が、深刻な問題に発展することもあります。周囲からは「こんな事もできないのか」「怠け者」のレッテルを貼られて、本人は悩むようになります。

脳の覚醒レベルのスイッチ
ADHDの不注意の特徴は、脳の機能障害が原因で起きます

昼間起きていても覚醒レベルが少し低下しており、脳がボーっとした状態になるため、一つのことに長時間注意を向けていられずに、気が散りやすくなります。

仕事をしていても、人と話をしていても、注意が途切れて「心ここにあらず」の状態になってしまい、うっかりミスを繰り返します。しかし、脳機能のかたよりが原因で起きるため、本人の努力だけでは、ミスをなくすことは難しいのです。

スポンサードリンク


片づけられない女たち
サリ・ソルデンの著書「片づけられない女たち」の影響で、ADHDの女性は「片づけられない人」というイメージを持つ人が多いですが、実際には、ADHDの人の中にも、片づけられる人はいます。

持ち物を失くすのではないかという不安感が強いため、身の回りの整理整頓や片づけを脅迫的にやっているADHDの人も、一部にはいます。

しかし、ほとんどのADHDの人の場合、身の回りの整理整頓ができない人が多く、そのため、机の上や部屋の中が片づけられているかどうかを見れば、ADHDの診断ができるとさえ言われています。

片付けられてない机
ただし、片づけられないという特徴は、アスペルガー症候群の人に見られる場合もあります。単に、表面的な問題だけでは判断できないことも多く、その問題の背景に隠れている原因を見極めることが大切です。

女性は、男性と比べてADHDの特徴が目立ちづらく、そのため、こだわりが目立ったりすると、アスペルガー症候群と誤解される場合もあります。またADHDの人の中には、アスペルガー症候群を併存している人もみられます


気になる症状がある場合には、自己判断するのではなく専門医を受診しましょう。

指差し矢印ADHDとアスペルガー症候群の違いについては、こちらもご参考になさってくださいね。

◆アスペルガー症候群とADHDの違い!特徴の徹底比較

スポンサードリンク


◆女性のADHDは気づかれにくく診断されにくい


ADHDの女性の衝動買いのイメージ画像
女性のADHDの場合、「不注意優勢型」が圧倒的に多くなります。男性と違って、他人への攻撃性や派手な問題行動がないため、他動性・衝動性が目立たず、そのため気づかれにくいという特徴があります。

女性の多動性・衝動性は、過度のおしゃべりや衝動買いなどの症状として現れますが、本人も周囲の人たちも、それを性格や個性として受け止めがちです。


 診断基準が男性向けになっているせいか、女性はADHDがあっても基準に該当する状態にならず、診断が出ない場合があります。


ADHDの診断には、DSMやICDといった国際的な診断基準が使われますが、それはあくまでも目安にすぎません。ADHDの女性には特に、診断基準をはみ出す特徴もいろいろありますので、先入観をもたずにADHDをとらえることが大切です。


診断基準には当てはまらないが、ADHDの女性にみられる特徴
恥ずかしがりや
  • 内気で恥ずかしがり屋。自分から動いたり、しゃべったりしない。
  • 動作や反応が遅い。何をするにも時間がかかる。
  • 昼間はいつも眠そうにしている。夜は考え込んでしまって眠れず睡眠も浅い。
  • 女性同士の付き合いで気配りができず、同性に嫌われる。
  • いろいろ考えすぎて時間がない中に用事をつめこんでしまう。
  • なかなか決断できず、結果的に衝動的な判断をしてしまう。
  • まわりの人に認められたいと思っている。自分に対する評価を気にしてしまう。
(出典:女性のADHD どんぐり発達クリニック院長 宮尾益知著)


女性のADHDの診断が遅れがちになる理由
  • ADHDの診断基準が、主に男子のケースを基準にしてある
  • 不注意優勢型が多い女性の場合、もともと特徴が現れにくい
  • ADHDの特徴は、状況によっても目立たなくなる場合がある(特に興味のある活動に従事している場合や一貫した外的刺激がある場合など)

スポンサードリンク


◆ADHDの女性は性周期との関連で症状や気分が変化する


pmsで落ち込むADHDの女性
月経前には、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が変化しますが、その影響で、月経前の一週間ADHDの特性が強く出る傾向があります

そのためADHDの女性は、月経前は、いつもよりイライラしたり感情が不安定になりがちで、気分が落ち込んで、うつ状態になりやすくなります。月経の前後で、ADHDの治療薬の効き方に変化がある人もいます。

イライラして口論する女性
月経前(生理前)のイライラやうつの悪化は、食事で改善できる場合があります。詳しくは、こちらをご覧くださいね。
◆生理前のイライラを解消する食べ物!PMSは食事で改善できる


また、女性の更年期にも、ADHDのさまざまな問題行動が悪化する現象がみられます。それとは逆に、妊娠中などエストロゲンのレベルが高くなる時期には、目立って状態が良くなる人もいます


月経周期に連動して症状の重くなる女性や、閉経で症状が悪化した女性の場合、中枢神経刺激剤(ADHDの治療薬)のほかにエストロゲンを投与することで、気分が安定したり、記憶力が改善される場合があります。

スポンサードリンク


◆ADHDの女性は、劣等感が強く自己評価が低い


ストレス過多の女性

忘れ物をしたり、片づけられない症状は、男性にも女性にも共通して見られます。

しかし、男性は散らかし放題にしていても、それほど非難されることはありませんが、女性はそうはいかなく、「女のくせに、だらしがない」と非難の目で見られるようになります。

特に女性の場合、ADHDの存在になかなか気づかれず悩んできた期間が長く、周囲から「もっとしっかりしなさい」などと叱責され、ストレスを溜めてしまうことが多くあります。

そのためADHDの女性は、気分が落ち込んで、うつ病、不安障害、過食、衝動買い、ギャンブル、アルコール依存症などにつながりやすくなります


男性の場合は、ストレスを溜めると多動性・衝動性が外側に向かい、暴力・非行といった行為障害として現れるケースが多く見られます。

それに対して、女性の場合は、ストレスを抱えこむと、外に向かうのではなく内に向かい自分を責めるケースがよく見られます。

スポンサードリンク


◆ADHDの女性は、治療後に部屋が片付きすぎて混乱する


治療後のADHD女性の心理

診断を受け、治療をはじめると、部屋を片付けられるようになったりします。そのとき、女性は生活面の変化に混乱しがちです。男性にはあまりみられない悩みです。(出典:女性のADHD 宮尾益知著)


今まで部屋を片付けられなかったのが、薬や心理療法などの治療を受けることによって片付けられるようになると、男女共に、片付けられるようになったことを喜びます。

男性は、治療後、そのまま快適に生活できる人が多いのですが、女性はそうはいかなく、片付けられるようになったことを喜ぶと同時に、戸惑いや混乱を感じる人が多くみられます。

女性の治療後の心境の変化
  • どうして自分だけがこんな辛い目に遭わなければいけないのか
  • もっと早くに気づいていれば、あの時もっとうまくやれたのに・・
  • 他の人は治療を受けなくても、もっとうまく出来てるのに・・


女性のADHDの場合、診断を受け、治療を受けて落ち着いてきた時に、自分の過去を振り返ったり、他人と比べて落ち込みやすくなるので、この時期は、医師や家族のサポートが必要となります。

スポンサードリンク


◆ADHDの女性は感情的になりやすく夫や子供との関係が悪化しやすい


子供を叱りすぎる母親
ADHDの女性は、感情の起伏が激しく、ささいなことでカッとなり子供や夫と言い争いになったり、暴力を振るってしまうこともあります。これはADHDの特徴である衝動性が原因で、感情をうまくコントロールできないためです。


子供もADHDである場合には、自分自身の嫌な面を、我が子にも見つけると余計イライラしてしまい、自分が子供の頃に親から叱られたのと同じように我が子を叱ってしまいます。

子供を持つADHDの女性は、児童虐待の加害者になりやすいので注意が必要です

子供を叱りすぎる悩みがなかなか解消されない女性の場合は、その陰にADHDが隠れている場合がありますので、気になる症状がある場合には、一人で悩まずに、専門医に相談してみましょう。

ADHDの治療後は、感情をコントロールできるようになり、子供や夫への思いやりも出てきて劇的な変化を見せる人も少なくありません。

スポンサードリンク


◆ADHDの女性は、ダメ男とばかり付き合ってしまう

景色を眺めるカップル

恋愛や結婚では、ADHDの女性は自己評価がとても低いために、「よりによってなんであんなダメ男と?」と、周りが首をかしげるような相手ばかり選ぶ傾向があります。
(出典:それって大人のADHDかもしれません 星野仁彦著)


ADHDの女性は、どんなに才能や長所があっても、自分はダメな女という思い込みが強すぎるため、潜在意識下で「ダメ男のほうが自分が傷つかないですむ」「誰もいないよりはまし」という思いが働きがちです。

また異性とうまく付き合えるタイプのADHDの女性の中には、恋愛依存症になるケースもあります。恋愛の最初の頃のラヴラヴ期の刺激を求めて、次から次へと相手を変えていく女性もいます。

ADHDの女性は、衝動的・感情的になりやすいため、異性関係においても、その場の雰囲気で男女の関係になって失敗して悩んだり、結婚や離婚などの重大な決断を焦って行なう傾向があります。

スポンサードリンク


おわりに

うつで起き上がれない主婦

ADHDの女性は、仕事・家事・子育てと男性よりも、はるかに大変な役割を背負わされており、生きづらさを日々感じながらも毎日精一杯頑張っています。

男性なら許されることでも女性であるがゆえに許されないことも多く、「女のくせに掃除もできないのか」と非難されることもあります。しかも毎月、月経前になるとADHDの症状が悪化し、さらに追い込まれてしまうのです。

自分なりに頑張っているにもかかわらず家族や社会が求める「理想の女性像」には程遠く、劣等感と無気力感から、うつ病や不安障害に苦しむADHDの女性も少なくありません。


ADHDは、一般的に女性より男性のほうが多いといわれてきましたが、専門医たちによると、ADHDの女性は決して少なくないと言います。

◆ADHDは、いくつになってからでも改善が可能です。

もし気になる症状がある場合には、一人で悩まずに、専門医に相談してみましょう。


ADHDの関連記事はこちら
【参考書籍】
  • 女性のADHD 宮尾益知著
  • それって大人のADHDかもしれません 星野仁彦著
  • 知って良かったアダルトADHD 星野仁彦著
  • ADHD&BODY 女性のADHDのすべて キャスリーン・ナデューPh.D/パトリシア・クインM.D.編著
  • ADHD&セラピー 女性のADHDと生活術 キャスリーン・ナデューPh.D/パトリシア・クインM.D.編著



4 Responses to “ADHDの女性の特徴 男性よりも更に生きづらさに悩む”

  1. oo より:

    初めてコメントします。
    記事読ませていただきました。
    ほとんど全ての症状(片付けが出来ない以外)が当てはまります。
    ADHDの女性の特徴も全て当てはまりました。

    現在の彼氏には、「お前は男好きだよな」とか「気持ちが全く理解できない」と言われます。
    正直自分でもなぜ変な行動をしてしまうのか説明できないし、反論できないし、辛い気持ちが募る一方です。

    理解が得られなさそう、または反対されそうな場合、彼には内緒で受診するべきでしょうか?

    とにかく受診してみて、結果はどちらにしろ、自分の気持ちを楽にしたいと思っています。

    • poteto より:

      oo 様

      コメントどうもありがとうございます。

      あなたのお辛い気持ちが、文面からよく伝わってきました。

      >とにかく受診してみて、結果はどちらにしろ、自分の気持ちを
      >楽にしたいと思っています。

      あなたのその判断は、間違ってないと思います。今の彼氏には、あなたの心の底の本当の辛さ・苦しさは理解できてないと思います。

      あなたの大切な人生なのです。彼氏に遠慮することなく、ご自身の辛さを、まず楽にすることを考えるべきだと私も思います。

      結果はどちらになるかは分かりませんが、ADHDでない場合には気持ちがスッキリするでしょうし、もしADHDだった場合にも、専門家の指導の元で、もっと楽に生きられるようになるでしょう。

      彼氏に相談することで、ケンカになりそうなら、彼氏には内緒で受診なさったほうがいいと思います。

      大人の女性のADHDに詳しい専門家に出会えることを陰ながら祈っています。頑張ってくださいね。

  2. 女性 より:

    初めまして。
    私は26歳で最近、ADHDと診断されました。
    このサイトを見て、全てが私の人生そのもので、涙が止まりませんでした。
    本当に辛く、何故私ばっかり、何故人が当たり前にすることができないのと、ずっとずっとずっと思っていました。
    22歳でうつ病、パニックを発症し、心療内科で検査をしてわかった時、ホッとしました。
    でも、それと共に絶望感。
    未だに、私は生きている意味が分かりません。死んだがみんな幸せになるのに、こんな変な私いなくなればいいのにと何度も思っています。
    小学生ではいじめられ高校まで毎日吐いて学校に行っていました。
    早く、早く当たり前の1日を過ごしたいです。

    • poteto より:

      コメントどうもありがとうございます。

      今まで本当に壮絶な苦しみに耐えてこられたのですね。毎日吐いて学校に通っていたなんて・・そこまで辛さに耐えられる強い精神力を持ってる人は滅多にいません。あなたの忍耐力は、お世辞抜きに本当に素晴らしいと思います。よく今まで頑張ってこられましたね。

      診断がおりてホッとなさった後で、絶望感を感じてしまうお気持ちもよく分かります。診断がおりたことで、自分の努力不足が原因でないことは分かっても、今まで何十年間も味わってきた辛さ・屈辱が消えるわけではありませんものね。

      散々周囲から酷い言葉で傷つけられてきたら、誰だって生きていく意味を見失うと思います。どうして自分ばっかりこんな辛い思いをしなければいけないのかと泣きたくなるでしょう。


      ADHDの診断を受けられたのは最近だそうですから、今はまだ、とてもお辛い時期かと思います。でも、これからは少しずつ今までよりも楽に生きられるようになっていただきたいと思います。

      少しずつ生きることが楽になっていけば、今までご自身では気づけなかったあなた自身の素晴らしい長所にも、気づけるようになるかもしれません。

      現に、吐きながらも不登校にもならず学校に通い続けたあなたのその精神力の強さは本当に素晴らしいです!私にその真似ができるかと問われれば、私は辛くて、おそらく逃げ出すだろうと思います。


      >こんな変な私いなくなればいいのにと何度も思っています。

      あなたは、決して変な人なんかじゃありませんよ!そう誤解してしまうのは、あまりに長い間、周囲からの叱責と心ないイジメに遭ったためだろうと思います。


      >早く、早く当たり前の1日を過ごしたいです。

      うんうん!そうですよね。必ずその日はやってきますよ。毎日の生活をストレスなく過ごせるようになっていったら、あなたは、周囲に遠慮することなく、あなたらしく生きていっていただきたいと思います。

      辛いときには、一人で我慢しないで、周りの人にいっぱい愚痴っていいのですよ。泣きたいときには、いっぱい泣いてください。涙にはストレス物質が含まれてるので、涙を流したほうが、ストレス解消できます。私も辛いときには、我慢しないで涙を流しています。

      この度は、貴重なコメントをくださり本当にどうもありがとうございます。あなたの心に積もり積もった苦しみが、毎日少しずつとり除かれていきますことを心から祈っています。

コメントを残す

CAPTCHA



サブコンテンツ

このページの先頭へ