ADHDの女性の特徴 男性よりも更に生きづらさに悩む


失敗に慌てるADHDの女性
ADHDの特徴は、年齢によっても現れる症状が移り変わっていくため、子どものADHDと大人のADHDとでは目立つ特徴が違ってくることもあります。

また、ADHDは、年齢だけでなく性差によっても現れる特徴が変わってくる場合があります。女性のADHDは、男性のADHDとは症状のパターンも違えば、幼少期の様子も違い、生涯を通じての経過も違うようです。

女性のADHDは、学校生活ではなかなか気づかれないことも多いものです。というのも、本人は集中力がなかったり整理整頓ができなくて困っていても、男性のADHDのように周囲に迷惑をかける行為がないため、ADHDの特徴が目立たずに見落とされがちになるためです。

そのために正しい診断をされずに、二次障害を引き起こすケースも多くあります。特に、ADHDの女性には、男性の場合と比べて、うつ病などの気分障害が多いともいわれています。

そこで今回は、ADHDの女性には、どのような特徴が見られるのか、どんな悩みで困っているのかについて取り上げてみました。

Sponsored Links


ADHDの女性の特徴

女性のADHD(注意欠陥多動性障害、または注意欠如多動性障害)に多く見られる特徴を7つにまとめてみました。


◆ADHDの女性は思春期以降に「不注意」の特徴に悩む


不注意優勢型の女性
【ADHDの基本的特徴】
    ●不注意 ●衝動性 ●多動性

ADHDの基本的特徴のうち、多動性は年齢とともに徐々に目立たなくなっていきます。しかし、不注意と衝動性の特徴は、幼少期から大人になっても続きます。中でもADHDの女性を悩ますのは、不注意の特徴です。


ADHDの女性の不注意の特徴
  • 人の話を最後まで聞けない
  • 机の上が乱雑、部屋は足の踏み場もない
  • あれもこれも、やりかけ
  • ゴミの日にしょっちゅう出し忘れる
  • 伝票の数字を書き写すだけでもミスがいっぱい
  • 約束の時間に遅刻してしまう
  • 自分なりに頑張っているのに「怠け者」「横着」と言われる
  • あす引越しなのに荷造りに集中できない
  • 期限ギリギリまで(過ぎても)支払いをしない
  • しょっちゅう転んだり、ぶつけたり、指を切ったりしている
  • きのうの夕食を思い出せない
  • さっき教えてもらったばかりなのに、すっかり頭から消えている
  • 何度も同じミスをする
  • しょっちゅう茶碗を割ったり、鍋を焦がしたりする
  • 独り言や、ひとりで笑ってることが多い
  • 方向音痴、地図が読めない
  • わけもなく落ち込んだり、急に泣いてしまう
  • セーターを編み始めるとやめられなくなり、徹夜してしまう
(出典:それって大人のADHDかもしれません 星野仁彦著)

Sponsored Links


幼少期には、家族や周囲の人達がサポートしてくれるので特に問題になることはありません。しかし、思春期以降になると、自分でも努力しているにもかかわらず不注意によるミスが減らないことに劣等感を抱くようになります。

さらに大人になると家族のサポートは受けにくくなり、職場や家庭で「不注意」の特徴が、深刻な問題に発展することもあります。周囲からは「こんな事もできないのか」「怠け者」のレッテルを貼られて、本人は悩むようになります。

脳の覚醒レベルのスイッチ
ADHDの不注意の特徴は、脳の機能障害が原因で起きます

昼間起きていても覚醒レベルが少し低下しており、脳がボーっとした状態になるため、一つのことに長時間注意を向けていられずに、気が散りやすくなります。

仕事をしていても、人と話をしていても、注意が途切れて「心ここにあらず」の状態になってしまい、うっかりミスを繰り返します。しかし、脳機能のかたよりが原因で起きるため、本人の努力だけでは、ミスをなくすことは難しいのです。

Sponsored Links


片づけられない女たち
サリ・ソルデンの著書「片づけられない女たち」の影響で、ADHDの女性は「片づけられない人」というイメージを持つ人が多いですが、実際には、ADHDの人の中にも、片づけられる人はいます。

持ち物を失くすのではないかという不安感が強いため、身の回りの整理整頓や片づけを脅迫的にやっているADHDの人も、一部にはいます。

しかし、ほとんどのADHDの人の場合、身の回りの整理整頓ができない人が多く、そのため、机の上や部屋の中が片づけられているかどうかを見れば、ADHDの診断ができるとさえ言われています。

片付けられてない机
ただし、片づけられないという特徴は、アスペルガー症候群の人に見られる場合もあります。単に、表面的な問題だけでは判断できないことも多く、その問題の背景に隠れている原因を見極めることが大切です。

女性は、男性と比べてADHDの特徴が目立ちづらく、そのため、こだわりが目立ったりすると、アスペルガー症候群と誤解される場合もあります。またADHDの人の中には、アスペルガー症候群を併存している人もみられます


気になる症状がある場合には、自己判断するのではなく専門医を受診しましょう。

指差し矢印ADHDとアスペルガー症候群の違いについては、こちらもご参考になさってくださいね。

◆アスペルガー症候群とADHDの違い!特徴の徹底比較

Sponsored Links


◆女性のADHDは気づかれにくく診断されにくい


ADHDの女性の衝動買いのイメージ画像
女性のADHDの場合、「不注意優勢型」が圧倒的に多くなります。男性と違って、他人への攻撃性や派手な問題行動がないため、他動性・衝動性が目立たず、そのため気づかれにくいという特徴があります。

女性の多動性・衝動性は、過度のおしゃべりや衝動買いなどの症状として現れますが、本人も周囲の人たちも、それを性格や個性として受け止めがちです。


 診断基準が男性向けになっているせいか、女性はADHDがあっても基準に該当する状態にならず、診断が出ない場合があります。


ADHDの診断には、DSMやICDといった国際的な診断基準が使われますが、それはあくまでも目安にすぎません。ADHDの女性には特に、診断基準をはみ出す特徴もいろいろありますので、先入観をもたずにADHDをとらえることが大切です。


診断基準には当てはまらないが、ADHDの女性にみられる特徴
恥ずかしがりや
  • 内気で恥ずかしがり屋。自分から動いたり、しゃべったりしない。
  • 動作や反応が遅い。何をするにも時間がかかる。
  • 昼間はいつも眠そうにしている。夜は考え込んでしまって眠れず睡眠も浅い。
  • 女性同士の付き合いで気配りができず、同性に嫌われる。
  • いろいろ考えすぎて時間がない中に用事をつめこんでしまう。
  • なかなか決断できず、結果的に衝動的な判断をしてしまう。
  • まわりの人に認められたいと思っている。自分に対する評価を気にしてしまう。
(出典:女性のADHD どんぐり発達クリニック院長 宮尾益知著)


女性のADHDの診断が遅れがちになる理由
  • ADHDの診断基準が、主に男子のケースを基準にしてある
  • 不注意優勢型が多い女性の場合、もともと特徴が現れにくい
  • ADHDの特徴は、状況によっても目立たなくなる場合がある(特に興味のある活動に従事している場合や一貫した外的刺激がある場合など)

Sponsored Links


◆ADHDの女性は性周期との関連で症状や気分が変化する


pmsで落ち込むADHDの女性
月経前には、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が変化しますが、その影響で、月経前の一週間ADHDの特性が強く出る傾向があります

そのためADHDの女性は、月経前は、いつもよりイライラしたり感情が不安定になりがちで、気分が落ち込んで、うつ状態になりやすくなります。月経の前後で、ADHDの治療薬の効き方に変化がある人もいます。

イライラして口論する女性
月経前(生理前)のイライラやうつの悪化は、食事で改善できる場合があります。詳しくは、こちらをご覧くださいね。
◆生理前のイライラを解消する食べ物!PMSは食事で改善できる


また、女性の更年期にも、ADHDのさまざまな問題行動が悪化する現象がみられます。それとは逆に、妊娠中などエストロゲンのレベルが高くなる時期には、目立って状態が良くなる人もいます


月経周期に連動して症状の重くなる女性や、閉経で症状が悪化した女性の場合、中枢神経刺激剤(ADHDの治療薬)のほかにエストロゲンを投与することで、気分が安定したり、記憶力が改善される場合があります。

Sponsored Links


◆ADHDの女性は、劣等感が強く自己評価が低い


ストレス過多の女性

忘れ物をしたり、片づけられない症状は、男性にも女性にも共通して見られます。

しかし、男性は散らかし放題にしていても、それほど非難されることはありませんが、女性はそうはいかなく、「女のくせに、だらしがない」と非難の目で見られるようになります。

特に女性の場合、ADHDの存在になかなか気づかれず悩んできた期間が長く、周囲から「もっとしっかりしなさい」などと叱責され、ストレスを溜めてしまうことが多くあります。

そのためADHDの女性は、気分が落ち込んで、うつ病、不安障害、過食、衝動買い、ギャンブル、アルコール依存症などにつながりやすくなります


男性の場合は、ストレスを溜めると多動性・衝動性が外側に向かい、暴力・非行といった行為障害として現れるケースが多く見られます。

それに対して、女性の場合は、ストレスを抱えこむと、外に向かうのではなく内に向かい自分を責めるケースがよく見られます。

Sponsored Links


◆ADHDの女性は、治療後に部屋が片付きすぎて混乱する


治療後のADHD女性の心理

診断を受け、治療をはじめると、部屋を片付けられるようになったりします。そのとき、女性は生活面の変化に混乱しがちです。男性にはあまりみられない悩みです。(出典:女性のADHD 宮尾益知著)


今まで部屋を片付けられなかったのが、薬や心理療法などの治療を受けることによって片付けられるようになると、男女共に、片付けられるようになったことを喜びます。

男性は、治療後、そのまま快適に生活できる人が多いのですが、女性はそうはいかなく、片付けられるようになったことを喜ぶと同時に、戸惑いや混乱を感じる人が多くみられます。

女性の治療後の心境の変化
  • どうして自分だけがこんな辛い目に遭わなければいけないのか
  • もっと早くに気づいていれば、あの時もっとうまくやれたのに・・
  • 他の人は治療を受けなくても、もっとうまく出来てるのに・・


女性のADHDの場合、診断を受け、治療を受けて落ち着いてきた時に、自分の過去を振り返ったり、他人と比べて落ち込みやすくなるので、この時期は、医師や家族のサポートが必要となります。

Sponsored Links


◆ADHDの女性は感情的になりやすく夫や子供との関係が悪化しやすい


子供を叱りすぎる母親
ADHDの女性は、感情の起伏が激しく、ささいなことでカッとなり子供や夫と言い争いになったり、暴力を振るってしまうこともあります。これはADHDの特徴である衝動性が原因で、感情をうまくコントロールできないためです。


子供もADHDである場合には、自分自身の嫌な面を、我が子にも見つけると余計イライラしてしまい、自分が子供の頃に親から叱られたのと同じように我が子を叱ってしまいます。

子供を持つADHDの女性は、児童虐待の加害者になりやすいので注意が必要です

子供を叱りすぎる悩みがなかなか解消されない女性の場合は、その陰にADHDが隠れている場合がありますので、気になる症状がある場合には、一人で悩まずに、専門医に相談してみましょう。

ADHDの治療後は、感情をコントロールできるようになり、子供や夫への思いやりも出てきて劇的な変化を見せる人も少なくありません。

Sponsored Links


◆ADHDの女性は、ダメ男とばかり付き合ってしまう

景色を眺めるカップル

恋愛や結婚では、ADHDの女性は自己評価がとても低いために、「よりによってなんであんなダメ男と?」と、周りが首をかしげるような相手ばかり選ぶ傾向があります。
(出典:それって大人のADHDかもしれません 星野仁彦著)


ADHDの女性は、どんなに才能や長所があっても、自分はダメな女という思い込みが強すぎるため、潜在意識下で「ダメ男のほうが自分が傷つかないですむ」「誰もいないよりはまし」という思いが働きがちです。

また異性とうまく付き合えるタイプのADHDの女性の中には、恋愛依存症になるケースもあります。恋愛の最初の頃のラヴラヴ期の刺激を求めて、次から次へと相手を変えていく女性もいます。

ADHDの女性は、衝動的・感情的になりやすいため、異性関係においても、その場の雰囲気で男女の関係になって失敗して悩んだり、結婚や離婚などの重大な決断を焦って行なう傾向があります。

Sponsored Links


おわりに

うつで起き上がれない主婦

ADHDの女性は、仕事・家事・子育てと男性よりも、はるかに大変な役割を背負わされており、生きづらさを日々感じながらも毎日精一杯頑張っています。

男性なら許されることでも女性であるがゆえに許されないことも多く、「女のくせに掃除もできないのか」と非難されることもあります。しかも毎月、月経前になるとADHDの症状が悪化し、さらに追い込まれてしまうのです。

自分なりに頑張っているにもかかわらず家族や社会が求める「理想の女性像」には程遠く、劣等感と無気力感から、うつ病や不安障害に苦しむADHDの女性も少なくありません。


ADHDは、一般的に女性より男性のほうが多いといわれてきましたが、専門医たちによると、ADHDの女性は決して少なくないと言います。

◆ADHDは、いくつになってからでも改善が可能です。

もし気になる症状がある場合には、一人で悩まずに、専門医に相談してみましょう。


ADHDの関連記事はこちら
【参考書籍】
  • 女性のADHD 宮尾益知著
  • それって大人のADHDかもしれません 星野仁彦著
  • 知って良かったアダルトADHD 星野仁彦著
  • ADHD&BODY 女性のADHDのすべて キャスリーン・ナデューPh.D/パトリシア・クインM.D.編著
  • ADHD&セラピー 女性のADHDと生活術 キャスリーン・ナデューPh.D/パトリシア・クインM.D.編著




12 Responses to “ADHDの女性の特徴 男性よりも更に生きづらさに悩む”

  1. oo より:

    初めてコメントします。
    記事読ませていただきました。
    ほとんど全ての症状(片付けが出来ない以外)が当てはまります。
    ADHDの女性の特徴も全て当てはまりました。

    現在の彼氏には、「お前は男好きだよな」とか「気持ちが全く理解できない」と言われます。
    正直自分でもなぜ変な行動をしてしまうのか説明できないし、反論できないし、辛い気持ちが募る一方です。

    理解が得られなさそう、または反対されそうな場合、彼には内緒で受診するべきでしょうか?

    とにかく受診してみて、結果はどちらにしろ、自分の気持ちを楽にしたいと思っています。

    • poteto より:

      oo 様

      コメントどうもありがとうございます。

      あなたのお辛い気持ちが、文面からよく伝わってきました。

      >とにかく受診してみて、結果はどちらにしろ、自分の気持ちを
      >楽にしたいと思っています。

      あなたのその判断は、間違ってないと思います。今の彼氏には、あなたの心の底の本当の辛さ・苦しさは理解できてないと思います。

      あなたの大切な人生なのです。彼氏に遠慮することなく、ご自身の辛さを、まず楽にすることを考えるべきだと私も思います。

      結果はどちらになるかは分かりませんが、ADHDでない場合には気持ちがスッキリするでしょうし、もしADHDだった場合にも、専門家の指導の元で、もっと楽に生きられるようになるでしょう。

      彼氏に相談することで、ケンカになりそうなら、彼氏には内緒で受診なさったほうがいいと思います。

      大人の女性のADHDに詳しい専門家に出会えることを陰ながら祈っています。頑張ってくださいね。

  2. 女性 より:

    初めまして。
    私は26歳で最近、ADHDと診断されました。
    このサイトを見て、全てが私の人生そのもので、涙が止まりませんでした。
    本当に辛く、何故私ばっかり、何故人が当たり前にすることができないのと、ずっとずっとずっと思っていました。
    22歳でうつ病、パニックを発症し、心療内科で検査をしてわかった時、ホッとしました。
    でも、それと共に絶望感。
    未だに、私は生きている意味が分かりません。死んだがみんな幸せになるのに、こんな変な私いなくなればいいのにと何度も思っています。
    小学生ではいじめられ高校まで毎日吐いて学校に行っていました。
    早く、早く当たり前の1日を過ごしたいです。

    • poteto より:

      コメントどうもありがとうございます。

      今まで本当に壮絶な苦しみに耐えてこられたのですね。毎日吐いて学校に通っていたなんて・・そこまで辛さに耐えられる強い精神力を持ってる人は滅多にいません。あなたの忍耐力は、お世辞抜きに本当に素晴らしいと思います。よく今まで頑張ってこられましたね。

      診断がおりてホッとなさった後で、絶望感を感じてしまうお気持ちもよく分かります。診断がおりたことで、自分の努力不足が原因でないことは分かっても、今まで何十年間も味わってきた辛さ・屈辱が消えるわけではありませんものね。

      散々周囲から酷い言葉で傷つけられてきたら、誰だって生きていく意味を見失うと思います。どうして自分ばっかりこんな辛い思いをしなければいけないのかと泣きたくなるでしょう。


      ADHDの診断を受けられたのは最近だそうですから、今はまだ、とてもお辛い時期かと思います。でも、これからは少しずつ今までよりも楽に生きられるようになっていただきたいと思います。

      少しずつ生きることが楽になっていけば、今までご自身では気づけなかったあなた自身の素晴らしい長所にも、気づけるようになるかもしれません。

      現に、吐きながらも不登校にもならず学校に通い続けたあなたのその精神力の強さは本当に素晴らしいです!私にその真似ができるかと問われれば、私は辛くて、おそらく逃げ出すだろうと思います。


      >こんな変な私いなくなればいいのにと何度も思っています。

      あなたは、決して変な人なんかじゃありませんよ!そう誤解してしまうのは、あまりに長い間、周囲からの叱責と心ないイジメに遭ったためだろうと思います。


      >早く、早く当たり前の1日を過ごしたいです。

      うんうん!そうですよね。必ずその日はやってきますよ。毎日の生活をストレスなく過ごせるようになっていったら、あなたは、周囲に遠慮することなく、あなたらしく生きていっていただきたいと思います。

      辛いときには、一人で我慢しないで、周りの人にいっぱい愚痴っていいのですよ。泣きたいときには、いっぱい泣いてください。涙にはストレス物質が含まれてるので、涙を流したほうが、ストレス解消できます。私も辛いときには、我慢しないで涙を流しています。

      この度は、貴重なコメントをくださり本当にどうもありがとうございます。あなたの心に積もり積もった苦しみが、毎日少しずつとり除かれていきますことを心から祈っています。

  3. unknown より:

    昨日検査結果が出てADHDと診断されました。
    それまでは双極性障害の治療をずっと続けてきました。

    自分の何で?どうして?と言う気持ちが診断された事により、そうなんだ…とほっとする自分と完治する訳じゃないという絶望が同時に心にのし掛かりました。

    このサイトだけでなく、色々と見ていると周りの人や家族の理解なんて言葉を沢山見ましたが、家族は10代の時に散り散りに周りで頼れる人も居ない私は結局これまでと変わらず一人で向き合ってどうにかしなくてはならないの?
    診断された事で行き場の無い思いは少し楽になっても、治療薬を処方されても根底の部分は変わらない…周りから理解されないのかと苦しくなります。

    周りからの理解なんて書いたものの、現状は人と関わる事が恐くて仕事も出来ず家からも病院に行く位で人との関わなんて有りませんが。

    検査結果が出たら今までチグハグしていた事に、理由というか免罪符が貰えたように気持ちが楽になると思ったのに逆に苦しくなる一方です。

    パッと見は健常者で『何でそんな事も出来ない?』と思われ言われてきました。(双極性障害を含め)
    正直、不謹慎な表現かと思いますが自分が可視化出来る障害だったら暗黙に“あの人は障害があるからね”といった目で見られた方が楽なのではないかと思ってしまいます。

    • poteto より:

      unknown様

      コメントどうもありがとうございます。

      昨日ADHDと診断されたことで、ホッと安堵するお気持ちと絶望感が同時に押し寄せてきて、とてもお辛いのがよく伝わってきました。

      ADHDと診断されたからといって状況が急に変わるわけではありませんものね。

      周囲に理解されない辛さを、これからもずっと味わっていかなければいけないのかと思うと、いたたまれない思いにかられるでしょう。周囲に支えてくれるご家族や頼れる人がいないとなれば、なおさらです。


      でも、今はとてもお辛いでしょうが、これからは少しずつ変わっていかれることと思います。

      まずはunknown様の辛いお気持ちをドクターに話してみてください。今まで理解者が0だったのが、今度からはドクターという理解者ができます。

      えじそんくらぶ」もご存知ですよね?そこで同じような悩みを持っている人たちの声を聴くことで、unknown様の孤独感をいくらかでも癒してくれるかもしれません。


      確かに時間はかかると思います。でも、今までできなかったことが、生活の工夫をすることによって少しずつ出来るように変わっていきます。

      それと共に、unknown様のなかに自己肯定感が増していけば、今の絶望感からも徐々に解放されていくのではないかと期待しています。



      そして、これだけは忘れていただきたくないのですが、ADHDの方は、他の人たちが真似のできない素晴らしい特性も併せ持っているということです。

      unknown様もご存知のように、発明王のエジソンはADHDであったであろうといわれていますよね。

      ADHDのある人は、他の人が思いつかないような独創性に恵まれています。ずば抜けた行動力も持っていますし、興味のあることに対しては、並外れた集中力も持っています。

      私がどんなに欲しいと願っても手に入れられないものをADHDの方達は、生まれながらにして持っているのです。ですからADHDの方というのは、起業家にも多いですし、モノ作りの分野や専門職などに向いてるともいわれますよね。

      おそらくunknown様は、ご自身が持っていらっしゃる素晴らしい能力に気付いていないか、気付いていてもまだ過小評価をしている状態ではないかと思います。



      ADHDの人は増えているといわれています。それはなぜでしょう?

      私は、それは人類の進化のために必要だからだと思っています。人類の進化の長い歴史の中で、不必要なものは自然と淘汰されていきます。

      それがなくならずに増えているということは、人類の進化のために必要な脳の個性だからこそ増えているのだろうと私は思っています。

      unknown様のこれからの人生には、まだご自身で気付いていない可能性を秘めているのです。

      焦らなくていいのです。unknown様のペースでいいのです。少しずつ変わっていって、10年後のunknown様が、今よりもっと楽に生きられるようになっていることを心から願っています。

      • unknown より:

        人生で何度も否定され続け、特に幼少期に母からやりたい事や好きな事が母の意思に沿わないものは容赦なく否定されました。

        肯定されるような事を言われた事が無かったので、涙が止まりません。

        大人になり、母の干渉も受けなくなった時に(まだADHDとは認識はありません)やりたい事や興味の有ることをやろうと思った時期も有りました。

        仰る通り好きな事には一直線です。
        これはADHDが関係してるのか双極性障害が関係してるのか分かりませんが、やりたい気持ちとは裏腹に持続的に続ける事が難しく、結局自分は中途半端で駄目な人間だと悪循環をおこしてしまいました。
        それにいざ、専門的な事をやりたいと思っても例え隠れた才能が有ったとしても敷居が高くて門前払いなんて事もざらです。
        片っ端連絡しても話すら聞いて貰う事も出来なかったです。
        数打てども駄目なものは駄目でした。
        ここで言う専門的な事と言うのは友禅染の職人だった訳ですが、伝統文化も機械化され更には着物需要も無いので人を必要としていないみたいです。

        小さい頃から変わっていると言われて来て、大人になるにつれて変わっているからこそ人とは違う何かが出来るのかもしれないとも思った時期も有りました。
        でも、それはただの自意識過剰な勘違いだったと今は気付きました。

        優しい包み込んでくれるような言葉をかけて頂き、素直に嬉しい気持ちとADHDだからって誰でもエジソンになれる訳がないじゃないかと卑屈な自分が居るのも確かです。

        10年後楽に生きられる事より、1日でも1年でも早くに死んで楽になれたら…と言うのが私の願いです。

        期待や希望を持てば必ず大なり小なりガッカリします。


        いつか、もしかしたら…不確定要素で僅かでも希望を持ったら、今まで以上に絶望するかもしれません。

        • poteto より:

          unknown様

          お返事どうもありがとうございます。

          unknown様は幼い時からお母様を始め、さまざまな方達から否定される言葉を投げ続けられてきたのですね。否定され続けてばかりでは、誰でも自分に自信が持てなくなるでしょうし、自分はダメな奴だと誤解してしまうのも無理はないと思います。


          unknown様は、友禅染の職人さんだったのですね。凄いですね!ビックリしました。素晴らしい才能をお持ちなんですね!

          友禅染は溜め息が出るほど美しい~♪ 日本人だけでなく世界中の人達も、その美しさに感動し見とれるでしょう。美を創り出す芸術の才能に恵まれてる人達は、この世でほんの一握りの人達しかいません。

          そんな非凡な才能を持って生まれてきたのなら、その才能は社会のために大いに活かしてほしいのです。


          確かに、伝統文化も機械化され着物需要も減ってきているのでしょう。機械化したほうがコストも安くすみますものね。

          私は素人なので染物の世界のことは全く知りません。でも、あんなに繊細で美しい友禅染の世界は、機械では絶対に生み出すことができない、人間の研ぎ澄まされた感性でしか生み出せない世界のように思います。

          染物の世界のことをよく知らないのに、生意気なことを申し上げてお気を悪くされたなら謝ります。ただ、本当に良いものは、世の中がどんなに変わっていっても残ります。そして素晴らしい才能というのは、若いうちは得てして認められないことが多いものです。


          >期待や希望を持てば必ず大なり小なりガッカリします。

          おっしゃりたい意味はとてもよく分かります。unknown様は、それだけ心が折れる経験を沢山味わってこられたのだろうと思います。私も若いときに絶望し、自殺未遂を図ったことがありました。だからこそ、unknown様のお気持ちが凄くよく分かるのです。


          でも、歳を重ねて、私は考え方が変わりました。希望は人が前に進む力を与えてくれます。希望を持って努力しても報われないこともあります。失敗することもあります。私の若い頃は、失敗が続くと、自分はもうダメだと絶望してました。

          でも、今はそう思いません。いえ、そう思わないようにしたのです。失敗は成功するための前段階で、必要な過程だと自分に言い聞かせたのです。そう思うと、失敗しても挫折することなく前に進み続けられます。

          そして、「必ず上手く行く」と自分の心に強く想い続けるのです。その思いが強ければ強いほど、不思議と現実を変えてくれるということが、長い人生の中で私も少しずつ分かってきました。

          よくマイナス思考を捨ててプラス思考で物事を考えるようにと言われるのは、実はそのほうが願望が実現されるからです。

          こんな事を書いても、なかなか理解してもらえないかもしれません。でも、これは理屈ではなく、気持ちを切り替えることによって成功体験が増えていくのは本当のことなのです。

          願望を持ち、その願望が実現されると心から強く信じると、その願いが本当に現実化されていくのです。



          たとえば、現代人は飛行機で世界中を飛び回ることもできますし、ロケットで宇宙に行くことだってできます。

          でも大昔の人達は、人が空を飛べるなんて思ってもいなかったでしょう。そんなことは不可能だと思っていたでしょう。

          でも、空を飛びたいと強く願う人達の想念の力が、飛行機やロケットを生み出したのです。そういう意味では、全ては想念から生まれると言えるかもしれません。


          私がここでくどくど説明するより、もっと分かりやすい潜在意識の力を説明したものはないかと色々探してみました。YouTube 動画の中に、分かりやすいものがあったので、URLを貼っておきますね。

          でも、この動画でなくても、他の動画でもいいです。人は気持ちの持ち方次第で、人生を変えることができるということをお伝えしたかったので、潜在意識に働きかけることを説明してる動画なら、どれでもいいです。

          添付した動画はマーフィーの法則というもので結構有名です。今回、unknown様のお気持ちをどうやったら少しでも楽にできるかと考えた結果、私がよく聴いてるイメージトレーニング動画の中の一つをご紹介します。

          ただ、私は決してunknown様に「信じなさい」と強制してるのではありません。こういう方法で気持ちが楽になったり、願望を叶えやすくなることもあるという方法論の一つをご紹介しただけです。

          ですから、負担に感じないで、unknown様が聴きたくなければ、聴かなくていいのですよ。unknown様の心を癒すために、必要なものは何であるのかを知ってるのは、unknown様ご自身だと思いますから。


          【マーフィーの法則】夢を叶える法則 ← かなり長時間の動画なので、全部聴かなくていいですよ♪ 私は毎晩寝る前に、この種の動画を短時間聴いて眠りにつきます。 

          • unknown より:

            回りくどく、説明が上手く出来ず勘違いさせてしまったようなので訂正させて下さい。

            私は友禅染の職人ではありません。
            ただ興味の有ることをやろうと思った中の1つの例として挙げたつもりでしたが、文章が纏まらず誤解を招いてしまったようです。

            何かに色を着けることが得意かは分かりませんが、好きだったので 専門知識も無いのに工房のような場所に手当たり次第に働けないかと奮闘するも…ということです。

            結局は母の過干渉と経済的な理由で望まぬ形で看護学校へ行き、資格は不運にも取れてしまい働けたのは同時複数を処理しなければ仕事にならない病院で働いてました。

            言うまでも無く、自分のキャパオーバーな事をする訳ですから長くは働けませんでした。
            時系列で言うと、好きな事をするんだ!っと言うのはこの後の事になります。

            文章もまとめられなくて情けないですが、今の精一杯なんです。

            看護学校は看護助手として病院に住込みで働きながら、学校へ通い、当時16の未成年でありながら深夜2時に起こされ勉強になるからと言われながら 実際するのは後片付けの主に掃除でした。
            勿論、時間外手当ても病院側からすると勉強なので一切つきません。

            だから寮に1日でも居たくなくて、でも帰る場所も無く場所も無く、寂しいから誰かに居て欲しくて 寮から出て寝れる場所欲しさに援 交していました。
            こんなダメな自分でも必要としてくれて、その場限りとは言え人の温もりを感じられるなら…と。
            お金欲しさでは有りませんでした。
            ただ、その場限りの関係を持つ事に居場所が人の温もりが欲しいだけというのを認めたく無かったからお金は受け取っていました。

            直ぐに一人になった時に、私が欲しかったのはお金でも ましてやその場凌ぎの場所や温もりじゃない!!と酷く自己嫌悪に陥りながら、悪循環をしていました。
            そんな自己嫌悪をかんじながらも、こんな私を必要としてくれるなら…と。

            何を伝えたいのでしょうか、ごめんなさい。

            上手く文章にする事が出来ません。

            でも今更苦しくて、誰に話していいかも分からなくて、本当にごめんなさい。

          • poteto より:

            unknown様

            まず最初に、unknown様に心からお詫びいたします。

            unknown様のことを友禅染の職人さんだと誤解してしまい本当に申し訳ございませんでした。謝らなければいけないのは私のほうです。本当にごめんなさいね。


            コメントを拝見してunknown様のお苦しみがひしひしと伝わってきて、何とお返事していいのか考え込んでしまいました。

            unknown様はお若いときから大変なご苦労をなさってこられたのですね。深夜2時に起こされ掃除をさせられ、しかも無報酬で・・とんでもないブラック企業ですね。

            しかも医療関係のお仕事は、なおさらお辛かっただろうと思います。ADHDの方には向いていないお仕事ですものね。


            unknown様は、過去の男性たちとのことで、今もなおご自身を相当責め続けているように感じます。unknown様ご自身には、自分で自分のことを責めてるという意識はないかもしれません。

            でも、本来なら隠しておきたいことをあえて私に話してくれたのは、自分を罰したいというお気持ちが心の底に隠れているからのような気がしました。間違っていたらごめんなさい。

            でも、もう過去のことは忘れていいのですよ。自分のことをもうこれ以上責めなくていいのです。十分苦しんできたじゃないですか。もういいのです。ご自身のことをもう許してあげてほしいです。

            自分で自分を責めること以上に苦しいことはないのです。なぜなら他人からの叱責は、その時だけですが、自分で自分を責め続けると、休みなく苦しみ続けることになるからです。

            unknown様のお若い時の行動は、お金が欲しいからでも束の間の温もりが欲しいからでもなかったと思います。ただ自分がこの世に存在する意義を感じたかったからなのではないでしょうか。

            自分を必要としてくれる存在がいれば、少なからず癒される、自分が生きていてもいいのだと思える、生きていくために、自分を必要としてくれる存在が欲しかった、自分の存在を肯定してくれる人が欲しかったのではないでしょうか。間違っていたらごめんなさい。

            いずれにせよ、その当時は、おそらくunknown様にとって、生きる意味を模索して彷徨っておられた時だったのでしょう。

            もう忘れましょう。過ぎたことです。unknown様は、現在と未来に生きるのです。過去に引きずられる必要はありません。

            自分を責めるのはもうやめましょう。そうすれば、今より楽になりますよ。

  4. しましま より:

    40代半ばでやっと、自分がADHDだと知ることが出来ました。
    ダメ人間な理由が分かり、ホッとしました。

    予想するに両親もADHDです。
    両親には愛情を注いでもらいましたし、遺伝した事を恨む気持ちはありません。
    ただ、むかしびとな母にとっては、ADHDという障害について知識も理解も持てるものではなく、
    私の幼少期の明らかな問題行動にも気付かなかった程ですから、
    打ち明けてからも、誤診ではないのかとか、薬を一生飲み続けるのかと嘆くだけです。
    母に理解を求めることは諦めました。

    父は数年前に他界しましたが、生前は私の癇癪で父には随分と酷いことをしたり言ったりしていました。
    そのことがただただ悔やまれ、申し訳ないようないたたまれない思いが込み上げて、今でも涙が出ます。

    半年ほど前からコンサータと弱い抗うつ剤を飲むようになり、
    フットワークや気持ちは軽くなった感覚があります。
    職場のデスクだけは少しマシに整理され、仕事は以前より処理がスムーズになりました。

    しかし、まだまだ物忘れには参ってしまうレベルですし、
    カバンの中はごちゃごちゃでいつも物を探していて、
    家の中も、衝動買いで溜めに溜めたガラクタの山に辟易するばかりで、なかなか手が付けられていません。

    コンサータを少しずつ強くして、もっともっとパフォーマンスを上げたかったのですが、
    54mg飲むようになってから副作用が強く出てしまったので、45mgに戻してまた様子を見ています。

    ダメな男性を選びがちなのも当てはまります。
    元々結婚願望がないので、この歳まで独身な事がストレスになったりはしませんが、
    相手に貢がされたりしても、離れていくのが怖くて断れません。

    今のパートナーは私のダメな部分をはっきり指摘する人で、
    クズだとかモラハラ発言をされる事もあります。
    でも、私がダメ人間な事は事実なので、
    思っているだけで言わないで我慢して居られるより、言ってもらえる方がましだと思っています。

    指摘されるダメな部分は、ADHDが原因と思われる面も多いですが、
    自分がADHDだと伝えて受け止めてもらえるか、理解しようとしてもらえるか、怖くて伝えられません。

    ADHDの事実を受け入れてくれたとしても、そんな人間に配慮しながら付き合う事が面倒だと思われる可能性もあるかもしれません。

    それと、相手の話を覚えていたいのに、多くを忘れてしまって悲しいです。
    想いが強ければ、その人に関する事は覚えているのが愛情…と感じる人も多いでしょうし。

    気持ちはあるのに、記憶は比例してくれません。
    若い頃はまだましだったように思いますが、最近の記憶力や要領の悪さは酷いです。

    好きな物事でさえ、どんどん記憶出来ない自分が嫌でたまりません。

    時々は前向きな気分になる事もあります。
    でも、結局近くにいる優秀な人と自分を比べて落ち込みます。
    酷い時にはその相手に嫉妬します。

    感情が高ぶったりいっぱいいっぱいになると、人前でもすぐに泣いてしまいます。
    いい大人なのに…と思いますし、上司に指摘されたこともあります。

    変わりたいけど、なかなか変われません。
    コンサータを初めて飲んだ時、魔法の薬のように感じましたが、
    最近思うように効いていない気がします。

    どうしたらもっと人に認めてもらえて、自分でも満足出来るような人になれるのでしょうか。
    毎日を笑顔で過ごしたいです。

    • poteto より:

      しましま様

      コメントどうもありがとうございます。お返事が遅くなりまして申し訳ございません。

      しましま様のコメントを拝見させていただきましたが、まず最初に感じたのは、とても文章力のあるお方だということです。

      しましま様はご自身のことをダメ人間と書かれていますが、全然ダメじゃないですよ!これだけ理路整然と、相手の心に訴えかける素直な文章をかける人は、なかなかいないです。


      しましま様は、ご両親様への深い理解もお持ちで、その点でも素敵な女性だと思いました。

      >父は数年前に他界しましたが、生前は私の癇癪で父には随分と酷いことをしたり
      >言ったりしていました。そのことがただただ悔やまれ、申し訳ないようないたた
      >まれない思いが込み上げて、今でも涙が出ます。

      実は、私もしましま様と同じ思いを味わってきたのですよ。私は幼い頃から、父が母に暴力を振るう姿を見て育ったので、私は父になつかない子供だったのです。私のように、なつかない娘を持って、父はとても寂しかっただろうと父が他界して大分経った後に後悔しました。

      その後悔の思いを尊敬する師にお話したところ、「あなたのお父様への思いは、充分天国のお父様に届いているので、もうそんな風に思わなくていいんですよ」というお言葉をかけていただいたのです。私は、とても心が癒される思いがしました。

      しましま様も同じですよ。しましま様がお父様に詫びるお気持ちは、天国のお父様にもう充分伝わっていると思います。

      きっとお父様は愛するお嬢さんが自分のことで泣いていると思ったら、とても悲しくなると思います。しましま様は、お父様のことで、もう苦しまなくていいのですよ。


      >感情が高ぶったりいっぱいいっぱいになると、人前でもすぐに泣いてしまいま
      >す。いい大人なのに…と思いますし、上司に指摘されたこともあります。

      人前で泣いてしまっても、私は別にいいと思います。感情的な涙には、ストレス物質を排出する作用もありますし、泣くことは、人間に備わっている天然のストレス解消法ですもの♪

      回りに何と言われようが、強情に自分の意思を貫き通す強い女性よりも、人前でも泣いてしまう女性のほうが、見方によっては可愛いと思う人もいると思います。気になさらなくて大丈夫ですよ^^


      今のパートナーの男性は、しましま様に対してクズとかモラハラ発言をする男性なのですね。仮にも自分の彼女に対してクズ呼ばわりするような男性には、「あなたのほうがよっぽどクズ男!」と言ってやりたい気分です。すみません。ちょっと感情的になりました。

      ただ、そのような男性には、しましま様がADHDであることを伝える必要はないと思います。自分の彼女に対してクズ呼ばわりするような男性には、教える必要はないと私は思いました。


      しましま様が記憶力の点について、とてもお悩みが深いのはよく分かります。

      実はこの記憶力については、私自身も年齢と共に悩みの種になってるので、とても共感する部分が多いのです。私は記憶力や集中力を高めるために、今までサプリや漢方薬を色々試してきました。

      その結果言えることは、記憶力・集中力を薬で高めることは十分可能だと私は感じています。私の場合は、漢方が一番効果があると感じています。サプリも効果があるものはありますが、サプリの場合は、同時に副作用もありました。

      コンサータもワーキングメモリを高めると思いますが、西洋薬やサプリの場合は、副作用がある点が辛いですよね。

      ちなみに、私の母は、認知症です。認知症は、勿論ADHDの方とは、比べ物にならないほど、桁違いに記憶力が失われていく恐ろしい病ですから、同じレベルで語ることはできません。

      ただ、認知症という重い病でさえ、記憶力の退行を遅くすることは薬で可能でした。母の場合は、国が認知症薬として認可している薬は、記憶力という点については全く効き目がなかったので、サプリメントやハーブなどを色々取り入れてきました。

      しましま様は、今コンサータと弱い抗うつ剤を服用なさってるそうですが、最近思うように効いていないと感じていらっしゃるのですよね。

      もしそうなら、漢方薬という方法を併用することも、一つの方法ではないかと思います。漢方薬は、自分の体質に本当に合うものに出会ったときには、かなりの効果を実感できます。ただ、自分の体質に本当にマッチする漢方に出会えるまでが大変かもしれません。

      私は、過去にうつ病を患ったことがありますが、その時も私は、抗うつ剤ではなく漢方で治しました。

      既に、抗うつ剤を服用してる知り合いがいて、うつがよくならないばかりか、副作用の怖さを聴いていたので、抗うつ剤だけは避けたいと思って、私は漢方に救いを求めたのです。漢方のよい点は、西洋薬のように強い副作用がないことと薬を止めた時の離脱症状がない点です。

      ただ、繰り返しになりますが、漢方薬の欠点は、自分に本当に合う薬に出会うまで、日数がかかる場合がある点です。大抵の人はその段階で諦めてしまうことが多いようです。

      親身に相談にのってくれる本当によい漢方薬局(漢方薬剤師)、あるいは漢方医に出会えるかどうかが漢方治療の成功のカギかもしれません。

      まず、そのためには、ADHDに詳しい漢方薬局(あるいは漢方医)を探すこと、その中でも良心的なところを探すことが大切だと思います。

      漢方薬は、自分の体質に合わなければ、どんどん薬を変更していく必要があるので、私の場合は、最初10日間分ぐらい処方してもらい試してみるのです(私は過敏体質なので、副作用が出る場合には、早めに出やすいのです)。

      それで、副作用が出るようなら替えてもらいます。副作用が出なければ、もう少し服用してみて、効果が得られそうなら続け、効果が全く感じられない場合には、替えてもらう、これを繰り返して自分の体質に本当にマッチする漢方を探すのです。

      あくまでも、どの漢方薬がいいかどうかを決めるのは、しましま様のお身体が発する声であって、しましま様の体感です。しましま様がこの漢方は効かないといっても、替えてくれない時には、別の漢方薬局を探したほうがいいです。

      漢方専門店で自分に本当に合う漢方薬を見つけて、その漢方薬の名前が分かれば、後は市販の漢方薬ではなくて、病院で保険適用で同じ名前の漢方薬を出してもらうこともできます。そうすれば料金的にも安くつきます。

      ただし、同じ名前の漢方薬であっても、製薬会社が違えば、効果や副作用の点で違ってくる場合もありますので、その点は注意が必要だと思います。

      漢方は体質によって処方される漢方薬が全然違うので、しましま様にどんな漢方が効くかは分かりませんが、コンサータと弱い抗うつ剤を飲みながら、漢方も併せて使ってみるという方法も一つの手段だと思います。


      あるいは、コンピュータによるトレーニングで記憶力を高める方法もあります。別記事(ADHDの子供の治療 どうすれば親子が楽になれるのか)でも以前少しだけ触れたのですが、有名なものにコグメドのトレーニングなどがあります。

      また最近の研究では、ワーキングメモリは電気刺激でも向上することが分かってきたそうで、その方面の研究も進んでいるようです。


      >どうしたらもっと人に認めてもらえて、自分でも満足出来るような人になれるの
      >でしょうか。毎日を笑顔で過ごしたいです。

      しましま様のお気持ちは、とてもよく分かります。私も昔は同じように思ってた時期もありました。

      でも、ある時思ったのです。人に認めてもらえることを幸せの基準に置くのではなく、自分で自分のことが好きでいられるか、自分の幸せは自分で決めればいいと。

      他人の評価というのは、10人いれば10通りです。人に認めてもらうことを自分の価値判断の基準に置くと、常に不安感と不満足感が残るのです。

      他人に認めてもらえなくてもいい、自分で一生懸命やったんだ、努力できた自分のことを自分で好きだと思えたら、これが幸せなんだと単純に思えるようになると、凄く気持ちが楽になりました。

      しましま様はご自身で思っていらっしゃるより、ずっと素晴らしい方ですよ。

      ADHDは脳の個性です。ADHDの方には、素晴らしい個性的な脳力(能力)があります。しましま様にも、どうかADHDのプラスの脳力に、もっと気付いていただけたらと願っています。

コメントを残す

CAPTCHA



サブコンテンツ

このページの先頭へ