節分と豆まきの由来!正しいやり方はコレ!


「鬼は外!福は内!」

節分の豆まきは、1年の中でも楽しい行事ですよね。小さなお子さんのいる家庭では、豆まきは、特に盛り上がる行事だと思います。

鬼は内3
毎年、当たり前のように行ってきた節分の豆まきですが、なぜ節分に豆をまくのかご存知でしたか?

素朴な疑問に、私も答えられなかったので、どうして節分に豆まきをするようになったのか、豆まきの由来について調べてみました。


鬼を怖がって泣いて逃げ回る子どもたちの姿が可愛いです↓↓↓


スポンサードリンク


節分の由来

豆まき1

節分とは、文字通り、季節(節)かれ目のことです。春、夏、秋、冬と、変わっていく季節のはじまりの日を、それぞれ立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)と、よんでいます。


そして、その前の日を「季節が変わる目(ふしめ)」という意味で、「節分」といいます。それで、節分は一年に4回あったのですが、現在では、立春の前日(2月3日ころ)のみを、節分と言うようになりました


なぜかというと、昔は、一年のはじまりが、1月1日ではなく、立春の日(2月4日ころ)でした。


そのため、立春の前の日である節分(2月3日ころ)は、大みそかにあたり、新しい年を無事に過ごせるようにと、お寺や神社では、豆や米をまいて、悪い病気や魔物(まもの)を、おいはらう儀式が行われていました。


その行事を、家庭で行うようになったのが、「節分の豆まき」です。病気や、わざわいが起こることを、鬼のしわざと考えて、穀物の霊が、やどっていると考えられている豆をぶつけて、鬼をおい払おうとしたのです。

スポンサードリンク


豆まきの由来

赤鬼と青鬼1

もともとは、大昔の中国では、新年を迎えるにあたり大みそかに邪気(じゃき)をはらう行事が行われていました。


それが奈良時代に日本に伝わり、日本の宮中行事の「追儺(ついな)」と呼ばれる鬼払いの儀式になりました。ただし、当時は豆をまく風習はなく、桃の木で作った弓、葦(あし)の矢で、鬼に見立てた邪気を追い払っていました。


現在のような豆まきの風習は、室町時代以降にはじまり、江戸時代には、いっぱんの人たちにも、広まりました。


節分で追い出す鬼とは、病気や、わざわいのことをさし、人の目には見えない隠れた恐ろしいものということで、「隠(おに)」という漢字があてられていました。

スポンサードリンク


どうして豆をまくようになったかの説は、いくつかあるようです。

  • 大豆は、畑の牛肉といわれるほど栄養価の高い食べ物で、雨風や日照りにも負けず、1年間をのりこえた、実りの力がこもっているので、その生命力をもって鬼をはらおうとしたという説

  • 豆(まめ)は、魔(ま)を滅する(めっする)という音の語呂合わせから豆を使うようになったという説

 大豆で鬼の目を打つことから「魔目」とも、いわれていました。



豆まきの正しいやり方

鬼と子供2
豆まきの方法は、各家庭で、それぞれやり方があると思いますので、あまり堅苦しく考えないでいいと思います。節分の豆まきの正しいやり方を簡単にご紹介しますが、一番大切なのは、家族みんなで豆まきを楽しむことです♪

スポンサードリンク


まず、節分の前日に、大豆を一升枡に入れて神棚にお供えします。節分当日は、日暮れまでに豆を炒ります。これを「福豆」といいます。


夜になったら、家中の戸を開け放って、一家のあるじが、家から鬼を追い出すように、「鬼は外、福は内」と大声で言いながら、豆をまいていきます。福が出ていかないように、豆をまいたら、すぐに戸を閉めます。


その後、それぞれ自分の年齢の数(または数え年の数)だけ、豆を食べます。この豆を「年取り豆」といい、一年の無病息災を祈ります。


高齢の方のように、豆の数が多くて食べるのが大変な場合は、年の数の豆に、熱いお茶を注いで、「福茶」にします。「福茶」は、年の数だけ食べるのと、同じご利益があるといわれています。

落花生
ちなみに、私の住んでる地域では、豆まきには、大豆ではなく落花生を使う人が多いです。節分の豆まきに使う豆の種類は、全国的には、大豆を使う人が8割、殻つき落花生を使う人が2割弱だそうです。


節分の豆まきは、昔から伝わる家族団らんの楽しい風習です。今年も、わいわい盛り上がりながら、豆まきを楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク



節分豆知識3
節分は、どうして毎年同じ日ではなく、1日~2日のズレが出るのでしょうか。

昔の暦(こよみ)は、月のみちかけをもとに日を数え、新月から次の新月までを1ヶ月とするものでした。そのため、今の暦よりも1年が11日ほど少なく、暦と自然の季節にズレがありました。


そこで正確な季節をしる方法として、1年を太陽の動きにあわせて24に分け、ほぼ15日ごとに名前をつけた二十四節気(にじゅうしせっき)が考え出され、月のみちかけを元にしたものと組み合わせて使われていました。


二十四節季のうち、春分、夏至、秋分、冬至は、その年の太陽の動きにあわせて日を決めます。春分、秋分は、昼と夜の長さが同じになる日、また夏至は昼がもっとも長い日、冬至は昼がもっとも短い日になります。


そして、それをもとにして、他の日を決めるので、毎年節分の日は、同じ日ではなく、1日~2日のズレが出るのです。立春(節分の翌日)は、春分の日から約45日前となります。ちなみに、あと10年ほどは、2月3日が節分になるそうです。 

参考:こどもの行事 かこさとし著

スポンサードリンク



コメントを残す

CAPTCHA



サブコンテンツ

このページの先頭へ