よく寝るだけでダイエットできる!痩せるホルモンを出すコツ


ダイエットって、なかなか長続きしませんよね。今度こそ絶対ダイエットしようと固く決意しても、身体の中から湧き上がる食欲に、どうしても負けちゃうことってありませんか?

でも、それは、あなたの意志が弱いのではなく、もっと別な原因が隠れているのかもしれません。

寝ることがダイエット成功のカギC
たとえば、徹夜したり、寝不足した日には、いつもよりお腹が空いて、ついついお菓子に手が伸びてしまうことってないですか?

私も、寝不足すると、なぜだか食欲旺盛になってしまい、どうしてなのかな~とずっと不思議でしたが、近年、寝不足と肥満のメカニズムが解明されてきました。

ということで、今回は、ダイエットするときに、これだけは知っておきたい「ダイエット成功のカギ」について取り上げてみました。

スポンサードリンク


よく寝るとダイエットしやすくなる

寝ることがダイエット成功のカギD

人は、よく寝ると、自然と痩せやすい体になり、ダイエットもスムーズに進みます。

その反対に、寝不足になると、食欲が増して、いくらダイエットを頑張ろうとしても、気持ちとは裏腹に、体の中から「食べろー食べろー!」と指令がきて、ついつい食べ過ぎてしまいます。


実は、ダイエットの失敗は、この睡眠不足の影響が隠れている場合が多いのです。近年、人は、寝不足すると太るということが分かってきました。


寝不足をすると、体の中で、いったい何が起こるのでしょうか。それでは、次に、そのナゾについて見ていきましょう。

スポンサードリンク


食欲の発生に深く関わる2つのホルモン

寝ることがダイエット成功のカギE

絶対ダイエットしようと思っていても、食欲は体の中から自然と湧いてきます。この食欲の発生に関わっているのが、レプチングレリンというホルモンです。


よく早食いは太るといわれますが、その理由は、食欲を抑制してくれるレプチンが分泌される前に食べ過ぎてしまうからです。


レプチンという食欲抑制物質は、脂肪細胞から分泌されるのですが、食事開始から20分経つと、脳の視床下部にある満腹中枢に働いて、「もう満腹になったので、これ以上食べなくてもいいよ」という指令を出してくれます。

スポンサードリンク


またレプチンは、基礎代謝量までアップさせる効果も持っています。体の中に摂りいれた栄養分が、過剰に蓄積しないように、「エネルギーを消費しろ!」と命令を出してくれるのです。


要するにレプチンは、食事の量を減らし、同時に消費エネルギーも増やしてくれるので、ダイエットのためには、まさに打ってつけのホルモンなのです。


しかし、レプチンには弱点があって、肥満や過食によって高脂肪食を食べ続けていると、レプチンは大量に分泌されるのですが、その状態に脳が慣れてしまい、レプチンの働き自体が弱くなってしまうのです。


そのため、食欲を上手く抑えられなくなり、エネルギーを消費しにくい痩せにくい体になってしまいます。


このレプチンと全く正反対の役割をするホルモンが、グレリンです。グレリンは、胃で作られますが、食欲を増す作用があります

スポンサードリンク


寝不足による太るメカニズム

寝ることがダイエット成功のカギF

寝不足すると、レプチン(食欲抑制物質)の分泌が減り、グレリン(食欲促進物質)の分泌が増えることが分かってきました。


徹夜すると、お腹が空いてくるのは、このためです。なぜ、このような反応が起きるかというと、寝不足というのは、人体にとってストレスになります。


このため寝不足すると、「ストレスホルモン」とも呼ばれるグルココルチコイドの分泌が増えます。


グルココルチコイドの目的の一つは、血糖値を上げることです。血糖値を上げることで、血液中の栄養源をいっぱいにして、ストレスから体を守ろうとするのです。

スポンサードリンク


しかし、いくらグルココルチコイドの分泌量が増えても、糖の原料となる栄養素が不足していると、どうしようもありません。


そこで、グレリンの分泌量を増やし、レプチンの分泌量を減らすのです。そうすると、食事の量が増えるので、栄養を、次々と全身の細胞に届けることができます。


つまり、寝不足は、人体にとってストレスになるので、そのストレス下において、どのような緊急事態が起きても対応できるように、栄養を摂り込もうとする保護本能が働くので、寝不足すると食欲が増して太りやすくなるというわけです。


実際、平均睡眠時間が5時間以内の人のほうが、平均睡眠時間が5時間以上の人よりも肥満になりやすいというデータもあります。


ダイエット成功のカギは、よく寝て痩せるホルモンを活用する

寝ることがダイエット成功G

これまで見てきたように、食欲をコントロールするレプチンとグレリンがうまく働いてくれれば、食欲を抑えることができ、基礎代謝量も増え、ダイエットはスムーズに進みます。


レプチンとグレリンがきちんと働いてくれるために、ぐっすり眠ることが必要です。睡眠不足の解消がダイエットの成功のカギになります。

スポンサードリンク


自分の意志だけで、食欲を抑えるのは、なかなか難しいことです。ぐっすり寝て、レプチンとグレリンに働いてもらって食欲を抑えてもらいましょう。


そしてダイエットが成功して、ヤッター!と思っていても、油断は禁物です。ダイエット成功した後は、レプチンの分泌量も減っているので、食欲が増して太りやすくなっています。リバウンドが起きるのは、このためです。


レプチンの分泌量をできるだけ減らさないためには、ダイエット中も、動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂取することが大切です。


寝ることがダイエット成功のカギA
【 ま と め 】

ズバリ!ダイエット成功のカギは、よく寝ること!


  1. しっかり睡眠を取って、食欲をコントロールするホルモンをうまく利用して食欲を抑え、基礎代謝量を増やす。

  2. リバウンド防止のため、ダイエット中も、動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂取する。

スポンサードリンク


参考文献
  • 「脳力」をのばす!快適睡眠術 吉田たかよし著



コメントを残す

CAPTCHA



サブコンテンツ

このページの先頭へ